「ほっ」と。キャンペーン
> カテゴリ
ブルー・バード・ネスト
スマイルズ
絵本
その他
スリランカ事務所
リトゥル・トゥリー
> 検索
認定コースも終盤
昨年8月からの保育士認定ディプロマコース。5地区から53名の先生たちが講義に受けています。先月終わった最終講義。これでコロンボでの集中講義は終わり、次は9月の筆記試験です。地区ごとにスタッフを派遣して、同じ日に、同じ時間に試験開始。先生たちは今からドキドキしています。でも講義の最終日みな晴れ晴れとした顔でうれしそうでした。それぞれの地区に帰り、いつも笑顔のすてきな先生であって欲しいものです。みなよく頑張りました。花丸をあげましょうか。
f0119747_22111623.jpg

[PR]
# by surangani | 2011-07-17 22:16 | その他
ウェサック祭り
ことしもウェサック祭りの日がきました。今日は事務所に飾るランタン作りに忙しいスタッフ。バティッカロアの子どもセンターにも出向いて、子どもたちと一緒にランタンをつくりました。。仏教徒のお祝いのウェサック祭り。この村には仏教徒は一人もいませんが、子どもたちは風に揺れる薄紙のひらひらに大はしゃぎ。宗教の垣根を超えて、美しいもの楽しい事を感じる心はみな一緒なんだと思いました
f0119747_1594423.jpg
f0119747_292229.jpg


[PR]
# by surangani | 2011-05-17 02:10 | ブルー・バード・ネスト
日本の地震,津波災害
スリランカの事業地の保育士、子どもたち、保護者、友人、知り合いからたくさんの手紙や電話連絡が入っています。いつも、優しく手を差し伸べてくださる日本の方々の安否を気遣う連絡が。保育士たちは緊急会議を開き、義援金を集める方法を話しあっています。いち早くコロンボ事務所まで届けてくださったグループもあります。津波を受けたバティッカロアの村では、子どもたちが近隣の村を走り、募金活動をしてくれました。今度は自分たちが助ける番だと。また、スマイルズ、教育里親の奨学金をもらっている子どもは今月はいらないから、日本のために使って欲しい。お家がこわれちゃったら僕の家にくればいいよ。。。。いつも受けるばかりでなく相手を思いやり、自ら我慢する姿勢はとてもすばらしいものです。嬉しくて涙がこぼれました。

これもいままで日本の方々がスリランカの子どもたちのことを思い、ご支援くださった持続力から築いた信頼関係のなせることだと強く思います。被災された方、その地区はこれから長い道のりを歩くことを強いられますが、かならず復興していくと信じています。くじけない日本。負けない日本。祈ります。心から。
f0119747_22451695.jpg

[PR]
# by surangani | 2011-04-04 22:30 | その他
みんなのセンターができました。
 モナラガラ県ブッタラに、障がいを持つ子どもたちへのセンターができました。「小さな木」Little Tree Special Children's Centre。これはゆうちょ国際ボランティア貯金配分金で実施している事業です。
 自分の学校ができた、と嬉しそうに目を細めている子どもとお父さん。すてきな場所にしようねと先生たち。これからが楽しみです。
f0119747_9241037.jpg

[PR]
# by surangani | 2011-02-07 09:25 | リトゥル・トゥリー
お誕生日会の日
幼稚園では毎月お誕生日会があります。先生と一緒に冠をつくり嬉しそう。特別になった今月のお誕生日の子どもたちは自慢げです。ケーキにナイフを入れて皆でバナナとともにいただきます。毎月ある楽しみな一日です。
f0119747_22563247.jpg

[PR]
# by surangani | 2010-10-14 22:59 | ブルー・バード・ネスト
   

思いあれこれ
by surangani
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧